花束は何故花屋で頼むの?花束の作り方💐

query_builder 2023/09/18
プレゼントフラワーアレンジメントブーケ
画像2283
画像2283

こんにちは。

三連休も残り1日となりました。

いかがお過ごしですか?

昨日の大阪は晴れて暑すぎる一日でした☀️


旅行にも行かず😆

商品作りに精を出しながらなんとなく

作っているものとは別の

花束💐について考えておりました。


フローリストではない、ごく普通の人は

花束をご自分で作る機会が

ほぼ無いのでは?と思います。

いや、花を束ねるくらいのことなのですから、作られたことありそうですよね😄


でも、何十本ものバラや色々な種類の花を束ねて、誰かにプレゼントするためにラッピングまでする…というのは、なかなか無いのでは?

だから花屋があるんでしょうが😁

ですよね😂


では、お花のレッスンで作ることはどうでしょうか?

たくさんのお花のお教室があちこちにありますが、ほとんどがアレンジメントを作っているように見受けられます。

時にはリースを作ったり、コサージュやフレームに花を付けたりなどのフラワー雑貨を作ることも多いでしょう。

でも花束はあまり作られてないかも。


本格的なプレゼント仕様の花束を作ることがあまり無いのは何故でしょう?


ひとつには、手の中で組んでいくという作業の難しさにあると思います。

本数が増えれば増えるほど、花束は豪華になりますが、作る際には大切な決まりがあるのです。

それは、

1.   握りしめてはいけないこと

2.   ひとつの場所にすべての茎を集中させること

3.   全体のバランスを取ること

などです。


1つ目、握りしめないことというのは…

たくさんの本数を束ねる時でも、持つ方の手で使う指は3本ほど。つまり親指から中指の3本で、後の2本は添えている程度です。

5本の指で、つまり手全体で握りしめてしまうと、「遊び」が無くなり、自由が効かないようになるのです。

それと同時に、手の温もりが花に伝わってしまい、時間がかかればかかるほど花が萎れる危険性があります。


2つ目は

結束部分と言って、花束をまとめる一点がありますが、全ての茎が乱れることなくそこに集まるように束ねるのです。

花束を作る時には

「スパイラル」と「パラレル」という技法があり、ふんわりとボリューム良く作る一般的な花束は「スパイラル」で組まれます。

それは螺旋状という意味合いで、ちょうどスパゲティをお鍋に入れる時に広がるあの景色に似ています😄

無理やりな組み方をすると、綺麗なスパイラルにならず、何処かで茎が折れたりしてしまいます。


3つ目の全体のバランスとは

出来上がった花束を持った時に、何故かどちらかに傾いてしまうような、花束を持つ時に力が必要な、そんな仕上がりにしてはいけないということです。

バランス良くとは、見た目もバランスが取れていて、同時に花束全体の荷重が均等になっている様子です。

バランスの良い花束は、持った時に重さをあまり感じさせないと言われるほどです。


それはブライダルブーケにも言えることで、バランスの悪いブーケは、花嫁様を疲れさせてしまうことに繋がるのです。



IMG_1220

変な写真に見えると思います😆

(しかも汚い?手で失礼します💦)


これはハンドル部分(持ち手部分)にまだリボンを巻いていない状態のブーケです。

指1本で持ち上げています。

全体のバランスが取れていると、このようにできます☺️




花束を作る機会は、多くの人にはあまり無いと思います。

でも、誰かへのプレゼントとして、大切な気持ちを伝える手段として、花束を渡すのはとても重要です。


一度、ご自分で花束を綺麗に作ってみたい😍

花束もそうだけど、ブーケを作ってみたい✨✨

そんな風に思われたなら、ぜひ体験してみてください❗️

丁寧に教えさせていただきます😊

ご相談くださいね💐💐💐

----------------------------------------------------------------------

Flower Windmolen

住所:大阪府大阪市生野区

電話番号:090-8196-4690

----------------------------------------------------------------------